« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

サンコウチョウ・6 (巣立ち)

近くの森で、運よく巣立ち前後のサンコウチョウに出会いました。

雛は大きな口を開けますが、巣立ちを促す親はなかなか餌を与えません。

6dsc_7578

巣の縁にあがって羽をバタバタさせています。

6dsc_7513

巣立ち雛は遠くの高い所にいました。その上に枝や葉被りで、場所を教えて頂いても直ぐに解りません。

6dsc_7903a

給餌して飛び去る親の方に向く巣立ち後の 雛。(腕が悪く枝被り・ピンボケ)

6dsc_7836

巣の中には雛は3~4羽いました。一番育ちの遅い雛です。(巣立ち前・大ボケ写真)

羽毛が殆どありませんが、それでも最初の雛が巣立った次の日の早朝に巣立ったそうです。

6dsc_7555

撮影:2020年6月23・24日 (森)D7500/500mm,高ISO感度, 手持,トリミング

 

最近は帰りがけのカメラマンとすれ違う昼過ぎ頃に出かけています。

最初の日の夕方暗くなって、大きな雛2羽が巣立ったそうです。

次の日の早朝には育ちの遅かった雛も無事巣立ったそうです。

巣立ちした雛は私が行った時には、はるか遠くにいました。

親鳥が餌をやりに来なければ、とても見つけられなかったと思います。

 

サンコウチョウのシーズンですので、彼方此方のサイトで素晴らしい画像を 拝見してます。

この林道入口には駐車場が無く、林道は雨でぬかるみ滑りやすい。常連さんはいつも長靴です。

蒸し暑い雨模様の中で、下手なりに頑張った証として駄作を貼っておく事にしました。

(何時もズボンを泥バックで汚して帰りますが、又、ブログまで駄作で塗ってしまいました。)

 

2020年6月27日 (土)

ホオジロ

暑い遊水地の木立に、ホオジロがとまっていました。

6dsc_7974

水辺の草の上をトンボが飛び交っていました。

6dsc_7930

撮影:2020年6月26日 (市の境の遊水地)D7500/500mm,手持,トリミング

 

午後から出かけましたが蒸し暑くなり、炎天下を歩くだけでも体力を消耗しました。

ホオジロ以外の鳥は 雀と鵜を見ただけでした。

 

2020年6月25日 (木)

サンコウチョウ・5

近くの森で撮ったサンコウチョウです。

暗い場所で粗い画像ばかりですが、近くで撮れた写真を集めました。

頭上にとまった腹うちのサンコウチョウ。

6dsc_7782

なんと暗くなってから、目の前の折れた枝の先に止まりました。

暗い緑の中のサンコウチョウは更に暗く、殆どシルエットの写りでした。

6dsc_7876

6dsc_7883

 

長い尻尾が上で左右に分かれた見返りポーズの写真もありました。

6sc_7763

撮影:2020年6月23・24日 (森)D7500/500mm,高ISO感度, 手持,トリミング

 

県外への移動自粛が解除されましたが、逆に公共交通や現地での密接が気になり遠くに行けません。

この写真の場所も午前中は人が多いので、昼も可成り過ぎてから現地到着です。

2週間前はほんの数人でしたが、雛の巣立った日の午前中は狭い林道に30人程の人出だったと聞きました。

 

2020年6月22日 (月)

キビタキ

先日行ったお山の水場のキビタキです。

6dsc_6922_00006

6dsc_6958

撮影:2020年6月16日;(お山) D7500/500mm,手持,トリミング

 

県外への移動規制が解除され、遠くの山に撮りに行きたいのですが、

最近の感染者数は殆ど変わらないですね。

解除で人が増えてくると、感染リスクの恐れが以前より多くなる・・・。

これからは出かけるにも、以前より迷うようになりました・・・。

 

2020年6月20日 (土)

アオバズク

今年も湘南でアオバズクを撮りました。

殆ど寝てばかりでしたが、珍しく目をパッチリ開けて下のカメラマンを見ていました。

6dsc_7339

帰る途中でネムノキが咲いていたので一休み。蝶が来たのでパチリ。

6dsc_7349

撮影:2020年6月20日;(湘南の街) D7500/500mm,手持,トリミング

 

久しぶりにレンタル自転車で鳥撮りに行きました。

それ程暑くもない梅雨の切れ目の青空でした。

時間があれば湘南の田圃をブラブラしようと思いましたが、やはり体は鈍っていて止めました。

代わりにアオバズクを撮って帰る途中の川沿いで、別のお目当てを探しましたが空振りでした。

 

2020年6月18日 (木)

水場のキビタキ

お山の水場のキビタキです。

6dsc_7167

撮影:2020年6月16日;(お山) D7500/500mm,手持,トリミング

 

水面からの反射でシルエットになってしまったキビタキの色でした。

 

 

2020年6月17日 (水)

キクイタダキの水浴び

蒸し暑さを忘れて、お山のキクイタダキの水浴びを撮りました。

6dsc_7270

6dsc_7252

撮影:2020年6月16日;(お山) D7500/500mm,手持,トリミング

 

暑さや人混みを避けて一人貸し切り状態のバスで、のんびりと出かけました。

いつものキビタキやオオルリやムシクイは、人が少なくなると頻繁に出てくれました。

ダダでさえ暗い水場は昼も過ぎると、ISO10000にして且つ露出を下げても SSが2桁に落ちました。

手持ちで粗いブレブレ写真ですが、少し涼しさを感じたので良しとして帰りました。

この場所では今年2回目のキクイタダキの証拠写真になりました。

(少し下がってブラインドがあればもっと出てくれるのと思いますが、非力な私は少しでも荷物を軽くしたいので・・・)

 

2020年6月13日 (土)

カワトンボ

森の渓谷で撮ったニホンカワトンボです。

橙色翅の雄。

6dsc_6735

単独産卵中の無色翅の雌。

6dsc_6809

雌の近くに雄(右側の橙色は雄の羽)が見守っています。

6dsc_6778

撮影:2020年6月12日 (森)D7500/500mm,高ISO感度, 手持,トリミング

 

この日もサンコウチョウの森に行きましたが、生憎の天気で鳥の出は良くなかった。

渓谷の奥まで行ってこの日のお目当てを待ちましたが、完全な空振りに終わりました。

 

最近は自粛を呼びかけるコロナの[コ[の字を見るだけで嫌になります。

いつの間にか 型にはまった行動や考えしかできない人にはなりたくと、自由気ままな私は思います。

どの歳迄 自分で情報を集め、考えて、行動できるのかな・・・。

 

(追記;2020/6/13)

・ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボとは識別が難しいようです。

・等倍近い写真を下に追加しておきます。(クリックすると拡大します)

6dsc_6730

 

2020年6月12日 (金)

サンコウチョウ・4

天気は良くなかったですが、森の中で撮ったサンコウチョウです。

6dsc_6648

帰り際に小川の中の枯れ幹に止まったちょっと遠いシジミチョウをパチリ。

6dsc_6712

撮影:2020年6月11日 (森)D7500/500mm,高ISO感度, 手持,トリミング

 

時折小雨がパラパラしだした昼近くになって、森の中のサンコウチョウのポイントに向かいました。

サンコウチョウが撮れたのは営巣の場所を除けば、この1回だけでした。

いつもの止まりものでしたが撮れたので、雨も気になり早々に引き上げました。

 

2020年6月11日 (木)

お山の鳥 クロツグミ・ホオジロ

近場でも殆ど鳥撮りに出かけてないので、少し前に撮ったお山の暗くなった水場のボケ写真でも。

何となく幼鳥の感じがするクロツグミ(♀?)

6dsc_6546

ホオジロ。

6dsc_6358

撮影:2020年6月;(お山) D7500/500mm,手持,トリミング

 

諦めて帰り支度していたら、静かにいつの間にか出て来たクロツグミでした。

慌ててカメラを向けて、ブレブレ・ピンボケの証拠写真になりました。

 

2020年6月 6日 (土)

お山の鳥 キビタキ・オオルリ・2

お山の水場の辺りで撮ったキビタキとオオルリです。

6dsc_6387

6dsc_6466

6dsc_6593

6dsc_6613

撮影:2020年6月;(お山) D7500/500mm,手持,トリミング

 

密とは程遠かったこのお山の水場も、徐々に人が増えて来ました。

カメラマンが数人に増えて来た時間には、この場所を離れて2時間程散策路を登ってみました。

遠くに鳴き声が聞こえてきました。暗い林の中に一番上の写真のキビタキがいました。

途中で水たまりが一つありましたが、水が少なく泥で濁っていました。

 

2020年6月 3日 (水)

サンコウチョウ・3

森で撮ったサンコウチョウの続きです。

5dsc_6050

5dsc_6205

撮影:2020年;新型コレラ元年 (森)D7500/500mm,ISO10000, 手持,トリミング

 

この日は帰る間際に近くに来てくれました。

露出補正やピントに気を取られて、尻尾が切れている写真が多かった。

2020年6月 1日 (月)

サンコウチョウ・2

この日、森のサンコウチョウの長い尾を撮る事が出来ました。

5dsc_6056

5dsc_6224

5dsc_6189

最後に、尾が写っていませんが比較的近くの暗い場所に止まってくれた写真でも 。

5dsc_6241

5dsc_6202

 

撮影:2020年;新型コレラ元年 (森)ISO10000,D7500/500mm,手持,トリミング

 

新型コロナの影響で、今年は近くの森にも出かける事が少なくなっています。

最近は電車でも森でも人が増えて来て、密にならない様に一層注意する様になりました。

 

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

ブログランキング

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ